就職のために保育士が持つと良い資格

保育士は、様々な資格を所有していると就職に有利になります。

まず、幼稚園教諭の資格です。

保育園と幼稚園を一本化することも多いです。幼稚園教諭の免許を取るために、わざわざ学校に行く必要はありません。


3年以上保育士として働き、1ヶ月当たり120時間以上の労働時間を満たしていれば、幼稚園教員資格認定試験を受けることができます。



非常に就職に有利ですが、難易度が高く合格率は5~6%といわれます。

最近の保育士に人気のある資格は、チャイルドマインダーです。
チャイルドマインダーは個別保育のプロで、1~4人の少人数を対象にして質の高い保育を行います。

資格を持っていると自宅を保育室として開業したり、外部の保育室で働いたりできます。指定認定機関が指定する通信講座や通学講座を履修して、検定試験を受けます。

合格率が70~90%と高いので、挑戦しやすいです。

保育士のスキルアップには、チャイルドケアの資格を取ると良いです。

ハーブやアロマ、自然療法を取り入れた自宅でのケアやマッサージによって育児と育自を両立させます。セミナーの講師や産婦人科など医療機関でスタッフとして勤務できます。
チャイルドケア認定校で講座を修了して、在宅試験を受けます。

さらに、英語を話せる保育士が理想的です。



外国人の子どもや保護者とのコミニュケーションが可能になるためです。


また英語教育に力を入れる保育施設でも高く評価されます。

英検やTOEICなどを積極的に受けると良いです。