保育士を目指すならスクールや通信講座がおすすめ

保育士は、保育所はもちろん児童福祉施設や企業の託児所、ベビーシッターなど、さまざまな場面での活躍が期待されている仕事です。

保育士として働くには、国家資格を取得しなければなりません。

資格を得るには保育士養成の大学や短大、あるいは専門の学校に通わなければならないと思っている人もいるでしょう。

確かにこれらに入学して勉強し、卒業すれば自動的に資格を取得できますが、他にも方法はあります。

それはスクールや通信講座で学んだ後、保育士試験を受験し、合格することです。

もちろん独学でも可能ですが、できればこれらで学んだ方が、より効率的な学習ができますし、試験の情報も入りやすいのでおすすめです。



試験は年に一回実施されていて、これに合格すれば養成学校を卒業していなくても、資格を得ることができます。但し、受験資格の規定があって、大学卒業、短大卒業、2年以上通う専門学校卒業、平成3年3月31日以前に高校卒業、高校卒業後に児童福祉施設で2年以上かつ2880時間以上従事している、等々の条件のうち、1つを満たしている人しか受験できないという制限があるので、事前に確認が必要です。


ちなみに大学、短大、専門学校に関しては、保育に関係ない学部や学科であっても、条件を満たしていれば受験資格はあります。



年齢も関係ありませんし、保育に関係のない学校を卒業したけれども、後から保育士を目指そうという人も受験することができます。

自分に合ったスクールや通信講座を探す時は、ひとつひとつ検索したり、資料請求するのは大変手間がかかります。



ネットで一括で資料請求できるサイトがありますので、それを活用するのがおすすめです。